尾上京日本舞踊教室 www.onoemiyako.jp

尾上京の紹介

尾上京プロフィール

尾上京の紹介 尾上京のプロフィール

今の私があるのは、いろいろな経験をさせていただいたからこそ。
初舞台から最新の舞台まで、主な経験・舞台をご紹介します。

S52 3歳で初舞台「潮来出島」
S63 京都南座 顔見せ興行にて七代目尾上菊五郎丈の「春興鏡獅子」の胡蝶に出演
H2 尾上流名取をいただく
H7 尾上流師範免状をいただく
H10〜 京都先斗町にて日本舞踊教室を開く
H2〜 現在まで流派の尾上会、若菊会、師範勉強会にて「京鹿子娘道成寺」や「かさね」「春興鏡獅子」など数々の演目で出演

各公演の舞台出演

  • 二代目尾上菊之丞(現、尾上墨雪)主帝「冬夏会」
  • 国立劇場主催「名作花形舞踊会」
  • 東京報知新聞社主催「華扇会」
  • 日本舞踊協会主催「新作公演」など

市川染五郎プロデュース 傾奇おどり 松竹(株)主催舞台

  • 「魑魅魍魎的」H15
  • 「麻布十番ん」H16
  • 「ティックルズ」H21
  • 「あーちゃん」H24

市川染五郎プロデュース 傾奇おどり

  • 渋谷区伝承ホール「渋谷金王丸伝説」H22

主なテレビ出演

  • H13「初春 江戸のにぎわい」
  • H15「新春檜舞台」司会
  • H18「芸能花舞台」
  • H23「芸能百花繚乱」
  • (NHK教育)

受賞歴

  • 日本舞踊協会主催
    「新春舞踊大会」にて大会賞受賞 H22.H23

その他

地元京都にて「尾上京リサイタル」を定期的に開催、海外の公演にも出演、 NPO法人団体「京小町踊り子隊」のふりつけや創作舞踊にも力を入れて意欲的な活動をしている。

一番上へ

教室への想い

教室への想い2歳より尾上流三代家元、二代目尾上菊之丞(現、尾上墨雪)師に入門し、17歳でお名取りをいただき続いて師範免状をとりました。
それから現在までたくさんの舞台に出演し本当に様々な経験勉強をさせていただきました。
そしてそれは今も続いています。

その中でも自分の教室を開いたことはとくに大きな出来事でした。私自身も最初はほんの小さな楽しみがあったりすることからはじめた踊りがいつしか自分の人生の一部となり今では何より大切なものとなりました。

それは踊ることを通してまたお教室を通して新しいたくさんの方にめぐり逢えたこと、その方々に大きなパワーをもらい自分がさらにまた輝けること、色んなことを勉強させてもらえること、そうした人と人とのつながりのすばらしさを日本舞踊を通して感じています。

そして今度はその感じたものをまた踊ることの楽しさを1人でも多くの人に伝えていければと思います。

皆さん!踊りを楽しみながら体も心もますます磨き自分をもっと表現してみませんか??

一番上へ