尾上京日本舞踊教室 www.onoemiyako.jp

日本舞踊の魅力

日本舞踊とは

日本舞踊とは歌舞伎から独立した日本の伝統芸能の一つであり、古来からある「舞楽」「能楽」「民俗芸能」をとり入れ、洗練された踊りを舞台上で上演する舞台芸能です。

現在では、歌舞伎舞踊、上方舞や京舞だけでなく新しい創造を目指す創作舞踊など様々な形態に進化し続けています。

一番上へ

京が語る日本舞踊の魅力

「気軽に、自分のペースで」

日本舞踊は、「敷居が高い」「堅苦しい」というイメージをもたれる方が多いんです。
でも本当は音楽に合わせて踊って気持ちを表現する、というとってもシンプルで楽しいもの。体にも、心にも優しい「和風の美容体操」のように考えて、自分のペースで楽しむことからまず始めてもらいたいんです。

「踊る中で自然に少しずつ」

日本舞踊で身につくもののひとつは、きれいな姿勢。お稽古の中で体が少しずつ鍛えられるのはもちろん、自然できれいな動きをお稽古していくわけですから、普段の生活の立ち居振る舞いにも違いが出てきます。

着物を着ると気持ちまで「しゃん」としてくるんです。生徒さんからも「浴衣や着物を着たときに立ち姿がきれいだとほめられた」というような声をよく聞きますね。

「心を磨いて自分に自信をつける」

日本舞踊は外見だけでなく内面を磨く方法としても、すごくおすすめなんです。踊りを通して気持ちを表現するということは、自分自身と向き合うこと。「何をしたいのか」「どうして楽しいのか」などいろいろな発見があります。

それに、何かを続けることって自信になりますよね。「私って、こんなに頑張れるんだ」って。だから、新しい自分と出会うため、そしてそれを磨くために、日本舞踊を活用してほしいです!

「自分の世界や視線を広げる」

日本舞踊に接することで、日本の文化をあらためて見直せること。
忘れてしまいがちな礼儀作法や、心配りから着物、歴史などをもう一度学ぶことができるんです。

さらに、歌舞伎など他の舞台や京文化にふれる機会が多くなるので、視野や世界がすごく広がると思います。忙しさに追われる日々でも、日本舞踊と関わっている間は気分が変わって「自分の時間の使い方が上手になった」という生徒さんもたくさんいます。

一番上へ